ラフティングとは?歴史から魅力まで徹底解説!

ラフティングとは、川の激流を活かしたスリル満点な川下りを楽しむアクティビティです。

ラフトと呼ばれる8人乗りのゴムボートに乗り込み、パドルと呼ばれる漕ぐための道具を操作しながら、仲間と協力して豪快に川を下ります。

全国各地の川で盛んにラフティング体験ツアーが開催されており、申し込み一つで誰でも手軽にラフティングを体験することができます。

ラフティングの醍醐味はなんといっても迫力満点な川の激流を楽しめるところにあります!

仲間と協力してうまく荒波を超えられると大きな達成感や喜びを味わえます。

そこまで激しいアクティビティは少し心配という方は、水流が穏やかな時期を選んでのんびり楽しむこともできます。

そのため子連れのファミリーやシニアの方でも、安全に参加することができますよ。

ラフティングは19世紀後半からアメリカ軍のトレーニングの一環として始まり、当初はコロラド川を木製ボートで下るものでした。

第2次世界大戦終了後から現在のようなゴム製ボートが使われるようになり、レジャーとしてのラフティングが世界各国に普及したと言われています。

日本では、1977年にラフティングの第1回大会が開催されたことを皮切りに、1980年から少しずつラフティングが全国各地に広まります。

1990年代後半にはラフティングブームが起こり、広く世間に知られるようになりました。

現在では修学旅行のプログラムや企業などのチームビルディングに取り入れられるほど多くの人に親しまれるアクティビティとなっています。

ラフティングの魅力

Rafting Japan Mike Harris

多くの人の心を掴む、ラフティングの魅力をご紹介します。

スリリングな体験ができる

激流エリアにおいては、荒波や激しい水しぶきに負けずに進む必要があり、ハラハラドキドキのスリルを思う存分に味わえる、という点が最大の魅力です。

ラフティングは自然の中で行うため、たとえ同じエリアであっても天候、時期によって川の様子はガラッと変化します。

そのため初心者はもちろんのこと、トライするたび毎回何が起こるか予想できないというワクワク感があり一度体験したらクセになること間違いなしです!

達成感がある

大きな達成感を味わうことができる点も大きな魅力です。

エキサイティングな激流を無事に乗り越えられた時の達成感は格別ですよ!

ラフティングガイドの指示に合わせて、全員で協力してパドルを漕ぐシーンが幾度もあるため、自然と仲間意識が高まります。

ゴール地点ではコースを制覇した喜びをみんなで分かち合うことができて、感動的です。

大自然を満喫できる

ラフティングは大自然を思う存分満喫できるアクティビティです!

季節の移ろいを感じる雄大な山々の景色や川のせせらぎ、済んだ空気にふれてたっぷり体を動かせば気分爽快、日々の疲れやストレスも一気に発散できますよ。

シーズンによっては、川へ飛び込みもOK!ウェットスーツを着ているから冷たくは感じません!!

ラフティングの対象年齢

ラフティング体験ツアーの平均的な参加対象年齢は、6歳(小学一年生)からシニアまでとなっています。

ツアーごとにコースの難易度に合わせて年齢制限を設けているため、参加者の年齢に合ったツアーを選択するようにしましょう。

子どもに特化したのんびりコースのラフティングが体験できるツアーも数多くありますよ。 

全く泳げない方や体力に自身がないという方でも問題ありません。

ラフティングは、ウェットスーツとライフジャケット、ヘルメットを着用します。

事前に安全に関する講習や、そのほか道具の使い方などをしっかりレクチャーしてもらえます。

ボートには必ず経験豊富なラフティングガイドが同乗するので、未経験の方でも安心ですよ。

ラフティングの時期と人気シーズン

ラフティングができる時期は基本的に4月下旬から10月下旬頃までです。 

スリル満点の激流ラフティングを楽しみたいなら4月から6月末までがベストシーズンです。

山からの雪解け水が流れ込んで川が増水する春先は、一年の中でもっともスリリングな激流を楽しめるため、ラフティング経験者に人気の季節となっています。

夏休みが重なる7月から9月頃は特に家族連れや人気となるシーズンです。

春先に比べて水量が落ち着くので、ボートから川への飛び込みが楽しいシーズンです。流れが穏やかなエリアで泳ぐなどの川遊びも同時に楽しむことができます。

初心者にとってもおすすめのタイミングです。

地域によっては11月~3月はゆったり雪景色を楽しみながら一味違ったラフティングが体験できますよ。

ラフティングの服装と持ち物

ラフティングに参加するためにはどんな服装で、どんな持ち物が必要なのか?

レンタルできるものと自分で用意するもの、それぞれご紹介します。

レンタルできる装備

ラフティング体験ツアーでは下記のものをレンタルできることが多いです。

  • ウエットスーツ・ドライスーツ

  • ライフジャケット

  • シューズ

  • ヘルメット

  • パドル など

これらは参加費に含まれていることがほとんどです。お客様にあったサイズをご用意します。

ラフティングの装備

ラフティングに適した服装・持ち物

ラフティングに適した服装は動きやすく、乾きやすいものが基本です。

  • ウエットスーツの下に着用する、水着又は濡れても良いアンダーウェア(Tシャツ・短パン可)コットン製品は体を冷やしてしまうので、化繊のものがおすすめです

  • バスタオル

  • 日焼け止め など

  • ジーンズやデニムのショートパンツは、水を吸収して重くなるのでお勧めしません。

ラフティング体験後に寒さを感じることもあるため、パーカーなどの羽織るものを持っていくことがおすすめですよ。

人気スポット

ラフティングが楽しめる人気スポットをご紹介します!

群馬・みなかみ(水上):利根川

日本三大河川の一つで知られる利根川は、春の雪解けシーズンの水量が多く、ラフティングの世界標準指標でもGrade 4(最大5)と非常に高いレベルを誇ります。

日本にいながら世界レベルの激流を味わうことができるのはここ利根川ならではの魅力です。

豊かな自然に囲まれたエリアで、季節ごとに変わる風景を楽しみながらラフティング体験ができます。

美しい雪景色の中で冬のラフティングが楽しめる点も魅力です。

東京・奥多摩:多摩川

東京都心部から一番近く、アクセス抜群のラフティングスポットとして人気を集めるのが、奥多摩地域を流れる多摩川です。

多摩川は清流として有名で、御岳渓谷は日本名水百選にも数えられています。

北海道・ニセコ:尻別川

羊蹄山の麓、ニセコエリアを流れる尻別川のラフティングも人気です。

北海道旅行の行き先の一つとして選ぶ方が多く、修学旅行のアクティビティとして選ばれることも多くなっています。

雄大な羊蹄山を背景に思いっきり自然を満喫することができますよ。

人気ツアー

おすすめのツアーをご紹介します!

ぜひ思い切って参加してみてはいかがでしょうか?

  • みなかみ夏ラフティング半日:夏にぴったり川遊び

水量が落ち着く7月以降のみ、お子さまも参加可能なラフティングツアー!

遊びにうるさいガイド達のひと味違ったボート遊びで大自然をたっぷり満喫。

水量が落ち着いても川に出ている時間は通年変わらず遊べるだけ遊びます。

開催場所(集合場所)
キャニオンズみなかみベース
〒379-1728 群馬県利根郡みなかみ町湯檜曽45番地
参加費用 ¥5,500 ~ ¥9,500
季節 7月~9月
所要時間 3~4 時間

キャニオンズみなかみ夏ラフティング

  • みなかみラフティング春激流半日:ワールドクラスのラフティング

春のラフティング

世界レベルの激流を貫く雪解けシーズン。

ラフティング未経験者には想像も付かない程のスリルが待っています。

あえてツアー数を制限する事でみなかみ一番のロングコースを目指しています。

当日の水量に合せて最長距離又は長時間を設定するロングラフティング。 

春のラフティングは水量が多いため13歳以上の方のみご参加いただけます。

開催場所(集合場所)
キャニオンズみなかみベース
〒379-1728 群馬県利根郡みなかみ町湯檜曽45番地
参加費用 ¥5,500 ~ ¥9,500
季節 4月~6月
所要時間 3~4 時間

キャニオンズみなかみ春ラフティング

まとめ

ラフティングは、ラフトと呼ばれるゴムボートで川の激流を下るスリリングなアクティビティです。

春の雪解けが増水させる4月から6月は特にスリルがあり、7月から9月は水量が落ち着くため家族連れにも人気のシーズンとなっています。

全国で体験ツアーがあり、道具もレンタルできるため誰でも気軽に参加することができます。

大きな達成感や爽快感を得られるラフティングに、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

キャニオンズをフォロー

イベント、ニュース、ディスカウントなどオトクな情報をお届けします

Canyons ブログ

20
7月
グランピングとは?完全ガイド

グランピングとは、グラマラス(華やかな)とキャンピングを組み合わせた造語です。自然の中で快適な宿泊体験を楽しめる新しいスタイルです。テントやキャビンなどの宿泊施設があり、アウトドアの楽しみと快適さを両立させています。ホテルのようなベッドや家具が備えられており、アウトドア初心者でも安心して楽しめます。キャンプファイヤーや星空観察など、自然と一体になる楽しみも満載です。

15
7月
キャニオニングとラフティングどっちが楽しめる?

キャニオニングとラフティングはどちらも自然の中で楽しめるアクティビティです。キャニオニングは滝を降りたり渓谷を登ったりするスリリングな体験が楽しめます。一方、ラフティングは仲間と一緒に川を下りながら自然の景色を楽しむことができます。どちらも自然を満喫できるアクティビティですが、キャニオニングはスリルを求める方や岩登りが好きな方に、ラフティングはリラックスしながら自然を楽しみたい方や仲間とのんびり過ごしたい方におすすめです。